引越し一括見積もりサイトで10万円得しよう

引越し料金を下げるためには営業マンをかち合わせる

引越しするときには、自分でいくつかの引越し業者を探してもいいのですが、ひとつずつ業者に当たるのは大変です。

 

そんなとき役に立つのが引越しの一括見積もりサイトです。

 

引越しの一括見積もりサイトに登録してみると、すぐに連絡がきます。

 

そこには引越しの距離、場所、量などから計算した概算の見積もり額などについての連絡もあるでしょう。

 

それはまだ概算なので、なんとも言えませんが、これでだいたいの相場はわかります。

 

業者側からは「実際にお見積もりをしたいのでお伺いしたい」という連絡がありますから引越し業者の営業マンを呼びましょう。

 

そのとき、大切なことは、複数の業者に同じ日、同じくらいの時間に来てもらうことです。

 

そうすれば、こちらも短い時間で、数社の最終的な見積もりを得られます。

 

できれば、4社くらいの会社に30分ごとぐらいに来てもらうようにしましょう

 

そうすれば、各業者の営業マンが顔を合わせることになります。

 

そうなれば、ライバル会社がいることがわかり、各業者はできる限り、見積もり額を下げてくるに違いありません。

 

たとえば、最後に来た営業マンにはこんなことを言ってみたらどうでしょうか?
「さっきの業者は結構安かったよ。あなたの言う額より数万円は安いね。

 

これで相当、見積額は下がるはずです。

 

あまり、コストダウンを言わないでも、業者側から、見積もり額は自然と下がっていくでしょう。

 

もしかすると、1社に頼むよりは、引越し料金が10万円くらいお得になることもあったりしますよ。

 

そういった一括見積もりサイトはいくつかあるので、その中でも有名で使いやすいサイトをご紹介しましょう。


引越し一括見積もりサイトの人気ランキング

引越し一括見積もりサイトのベスト3をご紹介します。
やはり1位はテレビCMでも有名になった引越価格ガイドの「引越し侍」。実績が違います。
2位は不動産情報サイトHOME’Sが運営する「HOME’S 引越し」。ネットワークしている引越業者数がダントツですから、地方でも安心。
3位はネットにおける一括見積もりの専門会社「ズバット引越し比較」。一括見積もりの専門家です。

 

引越し,一括見積もり,格安引越し価格ガイド
「引越し侍」で知られる引越し一括見積もりの老舗です。1000万件を超える仲介実績があり、大手など230社以上の引越し業者をネットワークしています。とにかく格安を目指すなら、こちらの引越し価格ガイド「引越し侍」がおすすすめです。

 

引越し,一括見積もり,格安HOME’S 引越し
日本最大級の不動産情報サイトHOME’Sが運営する引越し一括見積もりサイト「HOME’S 引越し」。全国1000社の引越し業者をネットワーク。無料の段ボール配布やHOME’S限定で引越し料金が50%割引になるなど特典が充実している。

 

引越し,一括見積もり,格安ズバット引越し比較
「ズバット引越し比較」に参加している業者の数は、全国230社以上。ケースによっては激安価格の引越し業者を見つけることができます。ネットの一括見積もりに関する専門会社なので、サービスシステムの質が高いことが特徴です。

 

引越し料金を下げるためには営業マンをかち合わせる

引越しする日時が決まったら、引越し会社を選んで動き出さないといけません。

 

とにかく忙しくなりますから、コスパのよい引越し会社に頼んでスムーズに転居したいものです。

 

インターネットの時代となってからは、多数の引越し業者に見積もりを一括で依頼できる一括見積もりサイトを使うのが常識になりつつあります。

 

10社ぐらいの引越し業者に一度に見積もりを依頼できます。

 

でも、問題は、引越しの一括見積もりサイトに登録してみると、すぐに連絡がきます。

 

夜中の1時に一括見積もりサイトに登録したところ、すぐに電話がかかってきた、というケースもあるそうです。

 

業者もライバルが多いので、連絡先がわかれば、すぐに電話してくる、という押しの強い業者もいるようです。

 

それは、ちょっとたまりませんね。

 

電話が来るのが嫌な方に少しアドバイスしましょう。

 

実は私が引越しの一括見積もりサイトに依頼したときは、メールだけにしました。

 

でも、それだけだと、心配なので、

 

電話番号は00−0000−0000にしました。

 

当たり前だけど、電話が来ませんでした。

 

引越しですることはいっぱいあるんです

引越しって大変ですよね。
なんといっても引越しで荷物をまとめて送るのが面倒くさい。
それに、住民票やら電気、水道やら、とにかく手続きもたくさんある。
考えただけで憂鬱になるようなことが多い。

 

でも、めげてはいけません。
とにかく始めましょう。
その前に、できること、やるべきことを確認しておきましょう。

 

<引越し14日前>
●転出届をだしましょう。
市区町村の役所に行って転出届を提出します。
その際、転出届証明書をもらって保管しましょう。
その際には印鑑を持って行きましょうね。

 

<引越し7日前>
●郵便局に転居届をだしましょう。
郵便物を転送してもらうためには、郵便局の窓口に転居届をだすことです。
郵便物は1年間転送されるので、これで安心です。

 

●電気、水道、ガスを止めてもらいましょう。
電気、水道、ガスを止めてもらう時期をはっきりさせて届け出をしましょう。
転居先では、開始の手続きが必要になります。
ケースによっては立ち会いも必要になりますので、なるべく早めにしましょうね。

 

<引越しした後>
●転入届をだしましょう
区町村の役所に行って転入届を出しに行きましょう。
このときには、転出届と印鑑を持参しましょう。

 

●運転免許証の住所を変更しましょう。
近くの警察署で可能なこともあります。

 

●固定電話の手続き
固定電話はあまり使わない人も増えましたが、こちらの手続きも必要です。

 

●インターネットの移設
こちらは固定電話と同時にできるケースが多いです。
新たに契約すると、キャンペーンなどで安くなるケースがあります。

 

●その他
転校手続きもあるかもしれません。
新聞をとっているなら新しく契約しましょう。
金融機関など手近なところに替えると便利かもしれません。
車などの登録もしっかりしておきましょう。

 

いろいろありますが、1つずつやっていけば大丈夫です。
よい引越し会社を選び、それぞれをテキパキやっちゃいましょう。

 

 

私の場合は大分→東京で、家族4人が引越しましたが、最初の会社の見積もりが43万円だったのですが、一括見積もりサイトでいろいろ調べたところ31万円で済みました。

12万円安くなったので、その分で家族で贅沢な旅行や食事に行きました。

本当にうれしかったです。
今はインターネットの時代ですから、一括見積もりサイトを使って得しないとね。

 

引越しピークシーズンに格安で引越しするヒント

夫婦2人と娘の3人構成の家族です。

 

去年の10月に、東京から大阪へ転勤に伴って転居しました。

 

10月という、どの会社でも人事異動が行われ、引越しとしてはハイシーズンでしたが、その中で、費用は約25万と、かなり格安で引越しすることができました。

 

それができた理由としては、1つはしっかりと引越し業者の相見積もりをとったことです。

 

相手はハイシーズンだということもあり、なかなか予約が取れませんよという強気の姿勢でしたが、その中でも、こちらも強気にとにかく見積もりを取ってくれ、ということで複数の業者に依頼しました。

 

見積もりをとれば契約まで持っていきたくなるのが、当然なので、複数の会社に競争をさせて、値引き額を引き出すことができました。

 

2つ目は、ハイシーズンではありましたが、その中でも、引越しの数が少なくなるタイミングがあるので、そのタイミングに引越しの予定を当てはめました。

 

具体的には平日の午後に荷物を出して、搬入は翌日のいつでもいい、という日程です。

 

これをすると、相手はトラックの空きを最大限に使えるので、価格が下がりやすくなります。

 

また、引越しの見積もり時に「どの日程なら安くなるのか」とストレートに聞いて、それに予定を合わせるようにしました。

 

 

段ボールや布テープなどの付属品は、上限を決めてその分値引きをしてもらいました。

 

通常は、言えば言っただけ持ってきてくれるケースがほとんどですが、そこに上限を設けることで、数千円ですが値引きが取れました。

 

以上のようなことをしてハイシーズンにしては格安の25万円で東京〜大阪の引越しができました。

 



引越し業者の希望日を引き出す

私は横浜市の中で同じ区内での引越しでした。

 

家族はいませんでしたが、長年の生活から2、3人分の引越し量はありました。

 

当時、住んでいたアパートを立て直すから引越してくれと手紙が届いたのが年末で、指定期日が翌年の1月末でした。

 

色々とありましたが、1月に引越しをすることを決意し、引越し希望日の1週間前に複数社に依頼しました。

 

実際の引越し費用は10万円になりました。

 

複数社の見積もりは平均で20万円というものでしたが、なぜ半額になったか分析すると、引越し希望日まで期間が短かったために、希望日当日の配車が不可能だったことにより、引越し業社の提案する日時に合わせる形になったことが要因です。

 

この時、どの引越し業社も車の手配ができていなかったのですが、自身の会社だけが手配できないという思いと、他社に取られたくないという思いが、半額という結果につながったと考えます。

 

私は4回ほど引越しを行っていますが、実際の仕事内容にも特に不満はありませんでした。

 

引越し技術の向上もあると思いますが、最後に引越したこの10万円の引越しが一番スムーズで、安心して見ることができました。

 

上記の経験から引越し費用を抑えるアドバイスとしては、引越し希望日までの日数が少なければ少ないほど、車の手配ができない可能性があるため、なるべく直近で依頼すること。

 

当然、引越し業者に複数見積もりを取ること。

 

引越し業者の希望日を引き出すこと。

 

おのずと金額交渉をすることなく、必然と引越し費用は下がります。

 

後は、自身が有休を取るなり、自身の日程を合わせるなり、調整を行うことが必要です。

 

この経験から、なるべく自身の希望日に引越しができるように逆算して、引越し手配をしてみようと考えています。

 


↓で無料で比較できますよ